MVNOと格安SIMについてのわかりやすい解説 - 使わないMVNOのSIMカードをうまく活用しよう

MVNOと格安SIMについてのわかりやすい解説

MVNOは、携帯電話会社のようなサービスが仕事です。


国内表記では、仮想移動体通信事業者となります。携帯電話やスマートフォンで使う回線を提供して、それを収益にしている事業者です。
よく知られる携帯電話会社と違うのは、音声回線やネット回線に必要な機器、器具、設備を携帯電話会社からレンタルしている事です。自社でこれら設備を用意していません。
これがMVNOの大きな特徴で、低コストで事業を行える代わりに月額料金を安く抑えています。
低価格で通信サービスを提供する会社と理解しましょう。格安SIMの大きな範囲での意味は、MVNOの格安料金サービス全般を指します。

この事業者が格安SIMカードというICカードを販売発行しており、契約後、対応したスマートフォンに挿すと、月額料金を低価格化可能となります。平均で1000円から3000円程度に抑えられます。

大手携帯電話会社の月額料金と比べ、格安である事からこのような呼び名になったと考えられます。


格安SIMを使う事イコール、スマートフォンの月額料金大幅カットと覚えておけばOKです。狭い範囲で使われるならMVNOの格安サービスを利用できるSIMカードとも言えます。
カードは3種類あり、対応したスマートフォンでなければ挿す事は出来ません。仮に対応したスマートフォンでも大手携帯電話会社のロックが解除されていないとデータ通信が行なえません。



この場合、ロックを解除するとSIMカードを使えるようになります。
MVNOと格安SIMについてお分かりいただけたでしょうか。


一方は会社を指し、もう一方はサービスまたはサービスに必要なカードです。



格安SIM導入を検討中の方は、混乱しないよう覚えておくと良いかもしれません。