使わないMVNOのSIMカードをうまく活用しよう

category01

例えば、家族の中に小さなお子様がいる場合、安価なSIMフリータブレットを購入し、使わなくなったSIMカードを挿して使うのはどうでしょうか。
MVNOの料金システムは、容量オーバーで低速回線にはなるのみです。

この仕組みを活かして、子供用の端末に使う方法です。


新たに料金が発生するシステムではないので、お子様がどれほどデータ通信を行っても安心です。長時間タブレットPCで遊んでも月額料金は一定と考えれば有効な活用方法と言えます。


MVNOのSIMカードを使って、使わなくなった古いスマートフォンをサブの端末にする事も可能です。
近年スマートフォンを狙ったサイバー攻撃が増えています。
スマートフォンは、そもそもアプリを外部からインストールする事で利便性が高くなる機器ですので、常時ウイルス感染のリスクがあります。
キャリア端末とは別の端末を用意しておく事は、セキュリティ保護の観点からも有益と考えられます。

USBタイプの機器に挿してルーターとして活用すれば、予備回線としても使えます。



プロバイダーのメンテナンス回数は頻繁に行われません。



ですがタイミングが悪いと仕事に支障をきたします。


資料作成中にインターネットにアクセス出来ない場合、メンテナンス終了まで作業を待つ必要があります。


スマートフォンでネット閲覧は可能ですが作業効率は落ちるでしょう。予備の回線として活用する価値はあります。

他にはノートPCに挿すことで場所を問わずインターネット通信が可能です。

このようにMVNOの提供するSIMカードの使い道は探せば結構あります。
契約解除する前に使い道をお探しの方はこのように活かしてみては如何でしょうか。



申し込みを検討中なら、他の選択肢として覚えておくと更に便利にMVNOの回線を有効活用できるはずです。

スマホのおすすめ情報

category02

MVNOはキャリア(よく聞く大手の携帯電話会社)から回線を借りて通信サービスを行っています。コスト面でキャリアより有利という訳です。...

subpage

スマホの話

category02

MVNOの格安SIMカードを挿す端末はミドルスペックくらいがベストです。この理由は、MVNOはキャリアと比べ故障時に手厚いサポートがないからです。...

subpage

スマホの基本知識

category03

MVNOがやっているのは、通話とインターネット回線の提供サービスです。携帯電話会社と同じようなサービスを設備なしで行っています。...

subpage

スマホの情報まとめ

category04

MVNOは、携帯電話会社のようなサービスが仕事です。国内表記では、仮想移動体通信事業者となります。...

subpage